So-net無料ブログ作成

宅建過去問強制インストールの口コミと【簡単すぎ】電子レンジでトウモロコシを美味しく茹でる方法【レンジで3分】

どもども!毎度こんにちは。


宅建過去問強制インストールレビュー特集中です(^^)
↓↓

宅建過去問強制インストール特典付きサイトはこちら


宅建過去問強制インストールの口コミは本当でした。
松村 保誠さんがリリースした情報教材宅建過去問強制インストールを
超お得な特典付きで人数限定にて
お届けしています。


※あなたの生活を劇的に変えるサイトに出会えます。
3段階先のリンク先サイトを必ずチェックして下さいね(^^)


購入前はまたまた~って感じですけど、実際のところは・・・
詳細はこのページのリンクからご確認下さい。
↓↓

宅建過去問強制インストール特典付きサイトはこちら


ちなみに、あとはテキトー日記です。
スルーして下さい(笑)


きょうの超食・・・じゃ無かった^^;朝食はたきたてのご飯と、アジのひらきとわかめのお味噌汁

私の大好物ばかりです。



今日は7分で完食、8時40分に自宅アパートを出発^^



自宅そばのミニストップに寄り道して、ジョージアのコーヒーをポイントでゲット(^^ゞ



二日酔いの後は、これに限りますよね^^;。



会社に行くと、日々の日課のnewsを確認すると

今日のヘッドラインは?

↓↓

 【田村剛】結婚していない男女間の子(婚外子)の遺産相続の取り分は、結婚した男女の子(婚内子)の半分とする民法の規定が、「法の下の平等」を定めた憲法に違反するかが争われた裁判で、最高裁大法廷(裁判長・竹崎博允(ひろのぶ)長官)は10日、当事者から意見を聞く弁論を開いた。結論は9月にも示され、「違憲」と判断される公算が大きい。

 最高裁が新たな憲法判断を示す時や、過去の最高裁判例を変更する時は、裁判官15人全員で構成される大法廷で審理される。婚外子差別を残す民法の規定をめぐっては、1995年7月に最高裁が合憲と判断している。今回、大法廷で審理されることになった経緯を踏まえると、最高裁は95年の判例を覆し、違憲判断を示すとみられる。

 最高裁が過去に法令を違憲とした事例は、刑法の尊属殺人規定や、在外邦人の選挙権に関する公職選挙法の規定などがある。相続規定で違憲判断が示されれば、戦後9件目となる。
(この記事は朝日新聞デジタルから引用させて頂きました)



なるほどね~

まったくもって関心無し



そんな事より、きょう、やるべき事と言えば

予定では何も売らないアフィリエイトに15時間と、ヤフオクで出品作業に5時間。



かなりハードだけど問題にはならないです。



今日もがんばって稼がねば!



稼ぐのであれば、これかも

↓↓





・・・失礼関係ない?^^;

こりゃ失礼^^;



まあそれは置いといて晩飯は何しよ?

しゃぶしゃぶか手巻き寿司が食べたいな~



これも良いか?

↓↓





多分今度の記事更新はどうしても明日になります^^;

お楽しみに!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。